やたらと非効率に自作ゲームを作っていくブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分以外の人間を助けるべきかどうか

<ゾンビバトルの勝利条件は以前の記事ゾンバト考察 【ゾンビバトルの本当の勝利】で書いたように獲得ポイントが高い人が勝利、と考えることができます(すくなくともひろまはそう考えています)。
この考えだと自分と同じ人間はすべて対戦相手とみなせるので他の人を助けるべきかどうかということは非常に重要になってきます。
今回はこのことについてメリット、デメリットの観点から考察してみましょう。

★他の人を助けるメリット

①自分がゾンビに狙われる確立が減る。
→単純に考えて人間が2人なら狙われる確立は1/2(50%)だが、7人いれば狙われる確立は1/7(約14%)に。

②時間稼ぎになる
→ゲーム終盤だと数秒の差で勝敗が分かれることがあります。明らかに狙われている人を助けることで数秒間時間を
稼ぐことができるので、生存可能性があがります。

③自分が狙われたときに助けてもらえる可能性
→他の人がいればそれだけ意図的・非意図的に関わらず助けてもらえる可能性があります。

★他の人を助けるデメリット

①30秒スキル・アイテムの無駄遣い
→特にアイテムなんかは助けるせいで終盤枯渇なんてことが多い。

②その人も生存する可能性がある
→自分より高得点者なら助けたら勝利条件的に負けとなります。
→また助けたときは自分のほうが得点が勝っていても終了時に負けることも。


じゃあ逆に助けないメリット・デメリットも考えてみましょう。


★他の人を助けないメリット

①狙われている人は逃げるのに必死で得点を稼げない。
→特に上手い人が狙われているときに。

②アイテム・30秒スキルの無駄遣い防止
→後半戦で優位に立てます。

③自分より得点が高い人がゾンビにされて失墜することも。
→完全に棚ボタラッキー狙い。

④上手くいけばゾンビにされた人を倒して得点アップを狙える
→氷+地雷大量のときなどは特に。


★他の人を助けないデメリット

①他の人の生存可能性が下がる=ゾンビが優勢になりやすい。
→結果的に自分も得点をかせげずゾンビになりましたパターンに入ることが多い。



以上です。
助けるにしても助けないにしてもメリット・デメリットがあるので、
その場の状況に応じて動くしかないです。
この点に関してはやっぱり慣れの部分が必要ですかね。
ただ馬鹿みたいに助けたり、馬鹿みたいに助けなかったりだと勝利は遠のきます。

ちなみにひろまの場合、他の人を助ける判断基準は
①ゾンキンが上手い場合
②開始90秒以内に狙われている人がやられそうな場合
③残り時間90秒を切ったときに自分よりも得点が低い人が狙われている場合
こんな感じになってます。

上記のことを意識して、自分の判断基準をつくると上手く立ち回れるかと思います。


質問・疑問・反論・意見などがあればコメントください。
できる限り回答していきたいと思います。
スポンサーサイト
コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
↓赤月さんより頂いたものです

Strayひろま

Author:Strayひろま
長編ファンタジーRPGを制作中。
コメント頂いたら高確率で返信します。
つまり低確率でスルーします。

ツイッター
https://twitter.com/StrayHiroma

作ったゲームは カテゴリ[自作ゲーム]からDL出来ます。 レビュー、実況などはご自由にどうぞ。 何か連絡等があればどの記事でも良いので コメント欄に書いてください。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。